ウェブプロモーション事業

ウェブプロモーション事業とは

WEB広告事業部では、SNSやWEBサイトを利用した求人募集や成功報酬型の広告運用を行っております。
成功報酬型の広告運用の手法は沢山ありますが、弊社では、主にCPC(アドネットワーク)やBTA(行動ターゲティング広告)といった手法を用いて広告運用を行っております。

CPC(アドネットワーク)とは?

アドネットワーク(CPC)とは、複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことです。
アドネットワークを利用することによって、様々なWebサイトやソーシャルメディア、ブログを『ひとつの媒体』とした広告出稿ができるため、より多くのトラフィックが見込めるでしょう。また、アドネットワーク業者に掲載前後の処理を一括して任せられるため、業務効率化も図ることが可能です。

広告主にとってのメリット

  • アドネットワークに入札するだけで、ネットワーク加盟サイトに広告配信できる
  • インプレッション、クリック、CTR、CV、CVRなど効果測定データを入手できる
  • 効果測定データは第三者(アドネットワーク事業者)が集計したものなので信憑性がある
  • ネットワークに配信することで、大規模な広告配信が可能
  • 課金形態が統一(クリック課金型、インプレッション課金型)
  • サイトのジャンルを絞ることで広告とある程度関連性のあるサイトに配信できる
  • リターゲティング配信、時間指定配信など、効果を上げるためのメニューがある

Webサイト(媒体)にとってのメリット

  • ネットワークに加盟することで中小サイトでも顧客を得ることができる
  • タグを自サイトに貼り付けるだけなので、販売の手間がかからない
  • クリック数などは全てアドネットワーク事業者(アドサーバー)が計測する
  • 1つの広告枠に対して複数の広告が掲載できる → 売れ残りの可能性が低くなる

BTA(行動ターゲティング広告)とは?

行動ターゲティング広告とは、ユーザーが閲覧したページ情報(行動履歴)をもとに、ユーザーの興味関心でセグメントする広告のことです。これの代表的な広告がリターゲティング広告です。リターゲティング広告は、1度サイトに訪問したユーザーに広告配信を行うことから、ノンターゲティングの広告よりも高いCVRが期待できます。

ターゲティング配信とノンターゲティング配信

配信先を指定せず全媒体へ配信する「ノンターゲティング配信」と広告主やアドネットワークの保有情報に基づき配信する「ターゲティング配信」があります。
ターゲティング配信の中でも「広告主の保有情報」を使ったターゲティングと「アドネットワークの保有情報」を使ったターゲティングの2種類のターゲティングがあります。